スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪花束♪

先日お友達のブラスバンドのコンサートがありました。
子どもも一緒に楽しめるお楽しみいっぱいのコンサートでした。
彼女のキラキラした表情と音楽と
盛りだくさんの子供向けのお楽しみに沢山の元気をもらいました。

花束
応援の気持ちを込めて花束を贈りました。
お世話になっているフローリスト花珠さんで作ってもらいました。
カワイイ出来上がりに大満足です♪
お花ってもらうのも嬉しいけれど贈る側も同じくらい嬉しいのです。

コンサート会場に向かう途中、車で「世界にひとつだけの花」の音楽が流れていて
そのお友達のことが歌詞と重なって不思議なひと時でした。
自分の好きなことに一所懸命になっている姿は本当にカッコイイです。
好きなことじゃなくてもやらないといけないことはあるけれど
好きなことに打ち込めるということは本当に幸せなこと。

私も今しかできないこと、後悔しないように日々目一杯
こつこつ頑張っていこうと思います。





スポンサーサイト

夏のお花

蓮の花
先日お盆の真っ最中にフローリスト花珠さんに追加の品物を持って伺いました。
お盆らしい蓮の花、神秘的。
トルコ桔梗
こちらはこの夏の時期に綺麗な茶色っぽいトルコ桔梗です。
遠くから見るとバラのようにも見えました。
花びらが柔らかくてやさしいそうなお花ですね。

ホコリとり布巾
そして昨日の夜、ホコリとり布巾を久しぶりに作りました。
表の柄の部分(写真、手前)はポケットのように手を入れられるようになっていて
裏(写真、奥)はフリースの布で作っています。
フリースの方でテレビなどホコリのたまるところを拭くとホコリが
フリースの布にくっついてお掃除できます。
掃除機を使うときにこのフリースの方をボボッと吸って時々ほこりを取り除きます。

これを思いついたのは数年前フリースを着ていたら
肘にホコリがついていて(汚い話ですが)これは掃除に使えると思いつきました☆
すごく簡単に作れます。
家ではテレビのほか階段に一つ、車の中に一つおいています。
これなら家族も掃除してくれます。

フローリスト花珠~KAJYU~さん

花珠さん
長岡にあるフローリスト花珠~KAJYU~さん

この度、花珠さんのご好意でka*kkaの商品を花珠さんのお店に置いていただけることになりました。
昨日ka*kkaの yutinと一緒にお店に行かせていただきました。
大きなガラスから落ち着いた感じの素敵な店内が見えます
                               花珠さん 5
アレンジ
中に入るとひんやりした店内は生き生きとしたお花でいっぱい
お花のアレンジメントは冠婚葬祭用はもちろん普段使いのものは500円から作っていただけます。
そしてフラワーアレンジメントの教室も開催されています。                                                       花珠さん  9
切花や鉢物、多肉植物や和風の苔球などいろんなジャンルのお花達が目を楽しませてくれます。
花珠さんは京都でテレビドラマに使われるお花をアレンジして提供されたりもしているとのこと。すごいっ!
そんなハイセンスなスタッフの方たちなのですが私が色々お花のことを(多分子どもレベルの)質問をしても
とっても気さくに一つ一つ答えてくださり、話しやすい方々でした。ついつい長居。。。

花珠さん 3

そしてこちらにka*kkaの商品を置いていただいています。↓
お店の真ん中の棚に。。いいのかしら。
yutinのドライフラワーの壁掛けの花瓶、豆本、コサージュつきの髪飾り、そして私はけしごむハンコを置いていただいています。
                                花珠さん  10
お近くにお越しの際は是非寄ってみてくださいね!

フローリスト花珠~KAJYU~さん
所在地  : 京都府長岡京市井ノ内小西46-5
TEL   : 075-958-6038
定休日  : 木曜日
営業時間 : 9:30~18:30
プロフィール

mayukiti

Author:mayukiti
けしごむはんこをおうちで作っています。
手作り市に出店、ハンコ教室も時々しています。
だんなさんと私、女の子二人、男の子一人
の計五人家族です。

フローリスト花珠さんに作品を置いていただいています。
詳しくは↓カテゴリの花珠さんのページをご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。